忍者ブログ



×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


固定資産税・都市計画税
固定資産税は、住宅用地の200㎡以下の部分を小規模住宅用地といい、課税標準額を6分の1、また200㎡を超える部分を一般住宅用地といい、いずれも課税標準額が3分の1になる軽減措置を受けることが可能です。ただし、その土地に建てられた建物の床面積の10倍 ...(続きを読む)

【説明】固定資産税の課税誤りと今後の対応
固定資産税は、1月1日が基準日となるため、6月課税に向け、特にあらゆるケースを想定し、検証点検を行っていたところ、集合住宅(アパート等)において住宅用地の特例適用(軽減)に誤っている物件のあることが判明しました。 ...(続きを読む)

固定資産税の計算について
マンションにも固定資産税がかかるでござるよ。 世の中の人が固定資産税の何を気にしておるかと申すと、評価額や税率そしてそういったものの計算方法でござる。 あるいは、標準課税額や固定資産税の軽減を気にしておる人もゴザルヨ。 ... 不動産の税金3 ...(続きを読む)


新築マンションと新築戸建の決定の決め手はなにでしたか?値段は同じと考えて。
新築マンションと新築戸建の決定の決め手はなにでしたか?値段は同じと考えて。(続きを読む)

贈与税、所得税ところに詳しい方におききします。
贈与税、所得税ところに詳しい方におききします。宅地を配偶者に贈与する場合。配偶者控除の適用を受けて贈与したら贈与税はかからないのですが、贈与にかかる登記の登録免許税が約50万円程かかると言われました。金銭の授受のある譲渡にかかる登録免許税の方が贈与の場合において安くできるそうなのですが、配偶者に対して実勢価格より明らかに低額で譲渡したケースにおいて所得税はどのように課税されるのですか?宅地建築物の課税価格は2110万円以下です。(続きを読む)

等価交換出来ますか(全体土地買収→一部土地+建物)?
等価交換出来ますか(全体土地買収→一部土地+建物)?約200坪の古家付きの土地を買収し、25坪×7邸の建売事業を行う予定でしたが、持ち主の気が現住所を変わりたくないという気持ちが強くなり、①100坪だけ売って、古家を建て替えるか、②若しくは建てかえのみ行う、といった方向に傾いております。①は多大な譲渡税がかかる②は当社にとってメリットが少ないし、地主の固定資産税等の税負担の軽減にならない、といったところで双方行き詰まっております。色々調べましたら等価交換、共同分譲という方法を使えば、双方メリットある提案が出来るかと思うのですが、等価交換は、マンション等の事例しかなく、全体土地買収→一部土地+建物1件、のケースには適用できものないのでしょうか?今回の場合、100坪×1件(地主)、25坪×4件にして、5戸の家を建てるのに等価交換は適用出来るのでしょうか?また共同分譲方式により、上記と同じ方法は可能でしょうか?これ以外にも良い解決方法、提案等ございましたらご教授ください。困っております。よろしくお願い致します(続きを読む)


PR



この記事にコメントする
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackBackURL:
カテゴリー
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
忍者ブログ [PR]
Copyright(C) 固定資産税について All Rights Reserved